【スポーツ障害の一つ】テニス肘治療法や症状を知っておこう

ハートを持つ人

体の痛みの治療

肘を押さえる人

腕の痛みの改善

腕の痛みの代表的な症状にテニス肘と呼ばれるものがあります。テニス肘とは別名で上腕骨外側上顆炎とも呼ばれており、その症状はものを持ち上げたり雑巾をしぼっただけでも痛みが生じるというものです。テニス肘になりやすい人は中年以降のテニスを趣味とする人々だと言われていますが、その他にも肘の腱が傷みやすい高齢者にもありがちなトラブルだと言えます。テニス肘になってしまったら自分で治療する方法として、傷んだ肘をできるだけ使わずに安静にして固定したり、サポーターを肘に着けて負担を減らすのがおすすめです。また自宅で簡単にできるストレッチを行って筋肉を柔らかくしたり、ダンベルなどを利用して筋力をつける筋肉トレーニングも効果的です。これらの自分でできる治療を試してみたにも関わらず症状が改善されないという場合には、病院で治療を受けてみることをおすすめします。病院でテニス肘の治療を受けると、ほとんどの場合最初は湿布やサポーターを利用した治療が行われます。それでも改善されないときはステロイド注射や鎮痛消炎剤による治療が実施されます。これらの治療を受けても痛みが続くという場合には手術が行われることが一般的ですが、手術に抵抗がある人は保存療法を選ぶこともできます。手術は内視鏡を利用して行われるため体への負担が少なく、短時間で終了すると言われています。テニス肘による痛みを抱えている人は、ぜひ病院で相談してみてください。