【スポーツ障害の一つ】テニス肘治療法や症状を知っておこう

ハートを持つ人

スポーツも原因になる

男の人

同じ動作を続けると

テニス肘の原因は、同じ動作を繰り返すことです。テニスだけが原因になるわけではなく、肘に負担がかかりやすい動作をしていればテニス肘になることはよくあります。テニス肘の治療をする場合には、専門医の診断が必要です。治療をしてくれるクリニックでは、肘の状態をチェックするためにレントゲンを取ったりドクターが状態を確認してくれます。テニス肘の治療は、テーピングなども効果的です。基本的には肘に負担をかけないように安静にすることで、治りやすくなることが特徴です。治療を積極的に行うなら、まずは負担になっている動作をやめてみることが大切です。どうしてもやらなければならないことであれば、サポーターやテーピングなどの対策をクリニックで行ってもらうようにしましょう。少し肘を休めることで劇的な回復を臨むことが可能です。スポーツなどで肘を酷使しやすい人や、パソコンなどを同じ姿勢で使っているとよくあります。軽度のうちに処置しておけば、治りも早くなりますのでできるだけクリニックで調べてもらうようにしましょう。レントゲンなどで問題がなければ安静にすることや湿布などを使って一時的に様子を見ることもありますので、それほど治療に負担がかかることはありません。一度診断をしてもらえば、その後も気をつけることができるので専門医に相談することは大切です。テニス肘は痛みが出やすいので、自分でもある程度クリニックへ行くか判断がつけられるでしょう。