【スポーツ障害の一つ】テニス肘治療法や症状を知っておこう

ハートを持つ人

鍼灸や整形外科で治療

男女

外用薬やストロイド治療

テニス肘は、テニスなどのスポーツをした時にフォームなどが悪いと、上腕部分や外側の筋肉に負担が掛かってしまい、痛みや炎症が見られるようになります。テニスなどのスポーツだけでなく、加齢などが原因で起こる場合があります。関節や筋肉が柔軟な人はテニス肘に罹りにくい傾向がありますが、女性は痛みや炎症が起こりやすい傾向があります。テニス肘になってしまった時は、炎症や痛みを抑えるために、安静を心掛ける必要があります。主な治療法を知っておきたい人が多いですが、整形外科では痛みが強い場合は、外用薬を処方してもらったり、ステロイド剤の注射を行う場合があります。安静を心掛ける必要がありますが、仕事や家事をこなす必要がある場合は、手の甲から上腕部分の外側などに、テーピングを行うのも効果的です。テーピングやサポーターを装着することで、仕事や家事を行う時に腕の負担を減らすことができます。テニス肘は、整形外科や整骨院でも治療が受けられますが、体に負担の少ない治療を希望している人は、鍼灸の治療院で治療を受けるのもお勧めです。ツボの分に鍼灸による施術を受けることで、血流を促進したり、筋肉の痛みや炎症を和らげる効果も期待できます。テニス肘は安静を心掛けて、痛みや炎症が治まってきたら、整形外科の理学療法による治療も受けられます。理学療法士にストレッチの方法をアドバイスしてもらい、自宅で軽いストレッチを行うことで、辛い症状を緩和する効果も期待できます。